LINK
任意整理というのは一般的に債務の整理というふうにも言われていてそれぞれお金の貸し手に借金の返済を継続していくことを前置きとした債務を整理する方法のことです。その手続きでは、司法書士事務所もしくは弁護士有資格者お金の貸し手とあなたの仲介をして話し合い、法律にかんがみて利息の再計算を行って一から計算しなおした元金にかかってくる借入金利を減額する形で3年ほどの時間で返済を完了する借金整理計画です。任意での整理は警察などといった公的な機関が手出しすることがないのでそれ以外の処理と比較した場合手続きを取った際の不利益が最も小さく、手続きは債務者にあまり圧力になりませんので最初に考慮してほしい対策といえるでしょう。ヤミ金業者といった高額なの場合には法で決まっている金利に追加して返した借入金利分においては借入金の元金に充当するとみなされ借入元金それ自体を減らすことだってできます。ですので、ヤミ金業者のようなとても高い金利を取る業者に対して何年も返済を続けている例ではかなりの金額をカットすることができる場合もありますし、10年近く返済し続けている例だと借金そのものがなくなってしまうこともあります。任意整理の有利な点とすると自己破産とは異なって特定の負債のみをまとめていくことが可能ですので、他の連帯保証人が付いている借入金を除いて手続きをしていく際や住宅ローンの分を除き手続きする場合などでも使うことも可能になりますし、資産を放棄してしまうことが求められていないため、株式や不動産などの自分名義の資産を所有していて、処分してしまいたくない状況においても選択肢になる借金整理の手続きといえます。しかし、手続きを取った後の返済額と現実の所得を比較して適度に返済の計画を立てられるようならこの手順による手続きで進めるほうが良いですが、自己破産手続きとは違って借金自体が消滅してしまうのではありませんので、お金の総額が巨額な状況の場合実際に任意での整理の手続きを進めることは困難だといえるでしょう。