LINK
新聞の折込広告、スポーツ新聞紙、電柱に張り付けられたチラシや郵便広告で、「多重借金の効率化手伝います」「負債をまとめましょう」というような宣伝を閲覧することがしばしばです。これらは、「整頓人」「買取人」「紹介業者」という通称の業者のおとり広告のケースが存在します。このようなものを使ったときには破産手順の中で最重要な免責承認を受けられなくなる可能性もあります。「整理屋」は債務者をおびきよせ、すさまじいサービス料を要求して負債整頓を行いますが現実には整頓は実行されずに、借金者はより債務スパイラルにはまるときがほとんどと言えます。「買取専門屋」の場合は、当人のクレジットで、家電、何らかのチケットなどをいっぱい購入させて負債者からその品物を買った値段の1割〜額面半額で買い直すというやり口が知られています。負債者は瞬間的にはキャッシュが増えますが必ずカード会社による購入品の完全な請求がきて、結局は債務を上乗せすることになります。この場合、クレジット会社相手の犯罪行為ということで免責がもらえなくなります。「つなぎ業者」の場合大手サラリーマン金融から貸してもらえなくなった借金人に対して業者として提供はしないで、資金提供を可能な別の貸し手を教え、高い経費をもらう業者です。つなぎ屋は専門的な努力で貸出してもらえたかのように会話しますが実際には何もしないで、シンプルにルールの通りやすい店を知っているということなのです。このケースだと結局は借金を増加させる結果となります。