LINK
任意整理というものは普通負債整理というようにも呼んでいて、おのおのの貸し手への返済を続けていくことを選択する借金を整理していく手だてになります。実際の手続きでは債務処理経験のある司法書士それから債務処理経験のある弁護士債権を有する者と借り手との間に入って示談し法にかんがみて利息の再計算を実行して再計算した借入金の元金について金利を減らすことにより3年ほどの期日をめどに返済を行っていく債務整理方法です。この手順を踏む場合は各裁判所といった国の機関が管理することがないのでこれ以外の計画と比べた場合でも、採用した場合における不利になる点が小さく、方策そのものも依頼人にとって頭の痛い問題になることはないため、真っ先に比較検討しなければならないやり方といえるでしょう。さらに、債権を有する者がヤミ金のような高額な利息であるなら、利息制限法で決まっている貸出金利以上に返した借入金利においては借入金の元金に充てると考えて借金の元金自体を減額することも不可能ではありません。ですので、ヤミ金業者みたいな高い利子を取るところに対し長期間返し続けているケースだとけっこうな利息分を減額できる場合もあり、10年近く返し続けている例では元金そのものが消滅してしまうこともあります。任意整理の良いところですが、自己破産手続きとは違ってある部分のみの負債だけを処理することが可能なため、連帯保証人が関係している負債を除いて整理をする場合や自動車ローンの分以外について整理をする際等においてでも活用することができますし全ての財産を放棄してしまうことが求められていないため戸建て住宅などの個人資産を持っていて、処分したくない状況においても活用可能な債務整理の手続きとなっています。いっぽう、手順を踏んでからの返済に必要となる額と実際としての可処分所得を検討し、おおむね返済の目処が立てられる場合においてはこの手続きを進めていくことは問題ありませんが破産宣告とは違って借金自体がなくなってしまうということではないためお金の総額がかなりになる場合には残念ながら任意での整理の手続きを実行するのは難しいということがいえるでしょう。