LINK
書籍の折込チラシ、スポーツ新聞、電柱に張り付けられたチラシやダイレクトメールなどで「多重負債の整理整頓手伝います」「債務をまとめませんか」というような売り文句を目にすることがありますよね。これらは、「整理人」「買取専門屋」「紹介者」という名の悪徳業者のおとり広告のケースがあったりします。このようなものを使った場合では破産プロセスの中で最優先の免責認定を受けられなくなる恐れが存在します。「整頓業者」は、宣伝などで多重債務者を引きつけすさまじい手数料を取り債務整理をしますが本当は負債整理は実行されずに、依頼者は一層の借金スパイラルに陥るときがほぼすべてと思われます。「買取専門屋」の場合債務人のカードで電化製品、利用チケットを多量に購入させ、当人からこれらの商品を購入額の3割もしくは半分で買い上げるというやり方が知られています。債務人は一時的には現金がもらえますがいずれカード業者から商品価格の定額の支払いが届き、結局のところ借金額を増額させる結末になります。カード業者相手の詐欺に当たるとして免責が受けられません。「つなぎ屋」は大口のサラリーマン金融から拒絶されるようになった借金人について、直接的な提供は全くせずに、融通を受けられる別の会社を紹介して、高額な費用を請求する業種です。つなぎ屋は高度な手引きで貸出可能になったという口調で話しますが、現実には何もしておらず単に審議の甘めのルートを分かっているだけです。この場合でも現実には債務額を拡大させるだけです。