LINK
自己破産申請における手順においては申請人は第一に申立用の書類を申請者の住居を管理する地方裁判所へ出すことが基本です。申立人が出した申し立てが来ると担当裁判官は、破産申請の許可をしたほうがいい原因があるか否かを審理することになって、判定の完了したとき申立人に支払い不可能の状況などというような破産承認の必要な条件が十分揃っていれば破産の許諾がくだるということになります。けれども、破産申立の承認がなされてもそれのみでは返済責任が消えたということにはなりません。今度は免責の認定をとることが必要です。免責という言葉は自己破産申立の手続き上において支払いすることが難しい申請者の負債に対して、司法にもとづき返済を免除するということです。※端的に言えば債務を無しにすることです。免責でも、破産申請の認定の手順と似たように裁判所内で分析がおこわなわれることになり、審理の結果、免責の認可がおりたとすれば、債務から免れることになり晴れて債務額は消滅となります、そうして、ローンやクレジット払いが使用できなくなることを別にすれば、自己破産判定者が受ける不便からも自由になることとなります。このとき、免責不許諾(義務をまっさらにはさせない)の判定がなされると返済責任さらに自己破産認定者が被るデメリットは残ることになります。法律の免責制は無理もない事由で多重の借金を抱えて、苦しんでいる人を救助するためにある体制です。だから貯金を無いことにして破産の準備をしたりといった裁判官に対して虚偽の用紙を届け出るなどの破産システムを不正使用する者や、博打やショッピングなどの散財によって借入を負ってしまった人々の場合、自己破産の申請プログラムを削除したり免責扱いが不許可となります。法律によれば、免責の認可をもらうことが不可能な原因を今示した場合以外にも大量に提示されており、そのことを免責不許可の要因といいます。