LINK

カードキャッシングに関しての返済方式は会社それぞれで随分差異があっていろんな手法が取り入れられてます。仕事 辞めたい アフィリエイト

類型的には残高スライド方法やリボルディング法が多く採用されているみたいです。

そしてかような多くの人がわかっているリボルディング払ですけれども、実際のところ勘定法に様々な形式というものがあったりするのです。

したがってそういう種類に応じて支払合計金額が違ってしまうので、心得ておいて負担になることはないはずです。

では理解しやすく2つの方法の相違について説明していきましょう。

最初は元金均等払い、二つめは元利均等払いです。

両者はその名のとおり、元金について均一にして返済していくというのと元金と利率に関して全部で均分に支払っていこうという方法です。

今回のケースではもし10万円借りたと設定して、具体的にいかような計算をしていくのか試してみます。

金利をどっちも15%として試算します。

またリボについての金額は1万円と仮定し計算します。

ともかく元金均等払いのほうからです。

斯うしたケースのはじめの引き落しに関しては1万円に対して利息分の1250円を足した支払額になります。

次回の支払については1万円に利率分の1125円を加算した返済になります。

こういったふうにして全部で10回で返済をお終いにするといった方法となります。

一方元利均等払いとは最初の引き落しについては1万円で元本へ8750円、利率に1250円と言う具合で割り振るのです。

次の引き落しについては元本が8750円へと減った状態で利子を計算して、1万円を更に割り振るのです。

換言すれば元利均等払いのケースでは10回で引き落しが完了しないといった勘定になってしまうのです。

たったこれだけのずれで双方がどれほど変わっているかたっぷりとわかったと思います。

元利均等は元金均等に比べ明らかに元金が縮小していくのが遅延していると言う非といったものがあります。

詰まるところ利息といったものを余分に支出するということになってしまうのです。

反面1回の支払が些少な額ですむというメリットというものも存在したりするのです。

こういった支払い手法に関してのギャップに応じて、支払い金額というのが相違してきますからあなたの計画に合う方針を取るようにしてください。