LINK

航空券と耳にすると、まだ学生あがりの自分には少しリッチな気分になってしまいます。

まだまだ飛行機にバンバン乗れるほどの身分ではないからでしょうか。

気になる情報はこちら格安航空券 宿泊券に沢山書いてます。

そんな私が航空券を手にしたのは、小学生の頃に行ったハワイへの家族旅行の時でした。

まだ、小さくて旅行の詳細はあまり覚えていませんが、自分の航空券を手にしていたことはなぜか覚えています。

その後、自分で予約して航空券を手にしたのは大学生になってからです。

ここでしょ→スカイマーク 宿泊航空券はよかったですよ。

ただ、その時にはインターネット予約が普通になっていたので、自宅で航空券の予約をして書類をプリントアウトし、空港ではそのプリントに記載されているバーコードで手荷物検査まで済ますことができ、搭乗券をもらうという流れでした。

ゆえに、航空券を手にしたという感覚はあまり無く、あっさりしたものでした。

確かに、このような仕組みは便利ですし、スムーズに搭乗手続きができますが、旅のわくわく感は半減している気がしました。

気になる情報はこちらお得 宿泊航空券参考になりますよ。

それでも、航空券と聞くとやっぱり少しは楽しくなります。